採用特設
サイト

manufacturing Department manufacturing Department 製造部門

生産部

当社の生産部では歯科用の材料(歯科医院や歯科技工所で使用される各種材料)を製造しております。
具体的な製造品目としては、歯冠用材料、歯科充填用コンポジットレジン、人工歯、義歯床用レジン、歯科用接着充填材料、歯科用金属、研削材料などの製造を行っています。
働くなかまも十代の新人からベテラン社員まで幅広い年代のスタッフが共に働いています。

特徴

私たちが製造している製品は、一般的な工業材料とは異なり、患者様のお口の中で歯の一部として機能し、人の健康を支える医療機器です。
歯科の医療機器を製造していることの重要性を一人一人が認識し、誇りを持って生産活動を行っております。

強み

私たちが製造する品種も多種多様であり、その人の歯の形や色に合った数多くのラインアップ製品を製造しております。
色調や強度など数多くの品質特性を満足させるために、検査での品質保証ではなく、源流である工程における品質の作りこみ活動を推進しております。
工程での品質の作りこみは、原材料の品質、製造設備の保全管理等はもちろんのこと、製造作業を行う人こそが最も重要なファクターです。
先輩から先輩へと技術の伝承を行いながら、スキル教育を行い、独り立ちできるプロの作業者の育成を行っております。

どのような仕事をしているのか?

製造作業には大きく分けて「仕込み作業(計量・混練)」「充填作業」「包装作業」が代表的な作業となりますが、品種によっては原材料の前処理工程やステンレスへの砥粒電着作業等、多種多様な作業があります。
医療機器の製造しておりますので異物混入を防止するための決められた服装に着替え、エアーシャワーを通って各工程に入り作業を行っています。
また、製造工程の改善活動を推進しており、重筋作業の軽減も図っております。

部門間のつながり
・協力体制について

当社では各種の機能別管理を行っております。
生産量管理や利益管理、人材育成管理などの各機能によって委員会を設け、関連部署の関係者が集い、現在抱える課題に対し、毎月各部門が共通の認識を持ち、各部が協力しながら改善のPDCAを回しております。

また製造工程で一度問題が発生すれば、5ゲン主義会を開催し、関連部署のメンバーが現場に集合し、5ゲン(原理・原則・現場・現物・現実)を軸に真の原因の掘り下げ、有効な対策を実行するしくみを運用しています。

独自の設備について

日本だけでなく海外への輸出も増加しており、従来の先進国に加えて後進国への輸出も増えております。
このような中、安価且つ大量生産が必要となっており、従来の多品種少量生産から脱却した新たな高効率ラインの導入を進めております。
最新のロボット機器も導入し、無人運転による高効率ラインを立上げ、新たな生産体制がスタートしています。

取り組み

当社では環境ISO(ISO14001)を取得しており、省資源・省エネルギーの推進活動を行っております。
生産工程においても品質の安定化によるロス削減を目指して継続的な改善活動を推進しております。

設備管理部

設備管理部は「製造設備」、「施設(建物付帯)」、「人工歯金型」の管理を担当しており、これらの導入から維持管理、改善活動が主な業務となります。

特徴

お客様に「良いものを・適正な価格で・タイムリーに供給する」活動のレベルアップとして、製造設備の導入プロセスに「MR(Machine Review)」のしくみを構築・導入しています。MRの運用は社内に蓄積したTMEAと予防情報を活用し、導入前の設計から生産部門と技術部門がディスカッションし設備の垂直立ち上げを実現させる仕組みです。
各仕様には私たちのアイデア多く採用され、我が子(製造設備)が製造工程で安定して稼働している状況をみると仕事の達成感とともに、働くモチベーションのひとつになっています。
また、導入された設備はその性能を継続的に維持・向上を目的として「生産(予防)保全活動」を実施しています。予防保全活動の基本である「三悪追放(清掃不良・給油不良・誤操作不良)活動」は生産部と一緒に考え・汗を流して活動することで、生産部との信頼・協力関係の強化、なかまのスキルアップに繋がっています。

強み

ジーシーデンタルプロダクツの製造する製品は、様々な分野の技術と製造技術の融合により生み出されます。これらの技術と日々進化する技術に対して幅広く対応するため、1年に1度「教育・訓練計画」を作成し、業務スキルアップと公的資格取得にチャレンジしています。
今日では「機械保全技能士(2級)」、「自主保全士(2級)」、「第2種電気工事士」、「第1種圧力容器取扱い作業主任者」、「QC検定3級」等々の資格を積極的に取得し、日々の業務に生かしています。

どのような仕事をしているのか?

「製造設備」、「施設(建物付帯)」の導入と維持管理が主な業務です。ジーシーデンタルプロダクツでは約1、000もの製造設備を保有しています。
これらの設備は点検により、いち早く異常を発見し、即対応するしくみのもと管理されています。また、各設備はQ(品質)、C(コスト)、D(納期)への影響度を独自のチェックシートにより評価し、ある点数を超えた設備は「危機管理設備」として特別な管理下のもと、点検・オーバーホール・更新を行っています。
これら活動の目的を部員全員で共有し「縁の下の力持ち」として,お客様・後工程の信頼にお応えしています。

部門間のつながり
・協力体制について

会社の指標を向上させる為、月に1度の「製造改善会議」により、生産部門と課題を共有し、その問題の解決に積極的に取り組んでいます。
課題は、作業効率化・作業環境の向上、不良低減活動など様々です。これらの活動を通じ、生産部門から感謝のお言葉を頂くことが多くあり、ジーシーデンタルプロダクツで働く者として・保全マンとして仕事のやりがいを感じる瞬間です。

取り組み

製造設備・施設管理において、環境に関連する法規制の順守は勿論のこと、独自のチェックシートにより評価を行い,環境に配慮した省資源・省エネルギーの推進と廃棄物の削減に貢献する活動を積極的に推進しています。
また、昨今の異常気象による猛暑からコンプレッサー等の施設を守り、安定して工場設備を稼働させるため、コンプレッサー設置環境の見直し・改善を図りました。
これは、誰かの指示ではなく、「自分たちの設備は自分たちで守る」という強い信念のもと会社側へ提案し、実行することができました。
環境以外にも、自分達の考えを会社側へ申請し、自ら具現化できることもジーシーデンタルプロダクツで働く魅力のひとつです。

採用特設サイト